京町家の意匠

スタンダードな町家の姿 総二階(本二階)

総二階の外観

明治末期から大正にかけて建てられた様式。2階の天井を高くし、居住用として使われるようになる。 時代の流れとともに、塗り込めの虫か籠窓が、ガラスの窓に変化する様子が見受けられる。