京町家の意匠

うなぎの寝床ならではの工夫 箱階段

箱階段

うなぎの寝床と称される京町家において、階段は住みに追いやられる存在。急勾配であり幅も踏み板も狭く、省スペースに作られる。時には押入れに隠されて収納と兼用されることも。階段箪笥とも呼ばれ、可動式のものや壁と一体になったものがある。